ほとんど誰も聞いたことのない名前「ムクナ豆」。数少ない利用者の間では絶大な信頼を得ていて、「利用者から同じ悩みを持つ人へ」また「利用している人の元気さを見た関係者から困っている知り合いへ」と口コミで徐々に広がっています。「これなしでは健康な生活が維持できない!」とまで思っている人たちもたくさんいるのです。

その秘密は、「ドーパミンを増やせる食品である。」ことです。



ドーパミンは心身の活力のもとです。

① すべての必須アミノ酸ととても重要なアミノ酸が含まれていること。
ムクナ豆にはドーパミンの原料の必須アミノ酸「フェニルアラニン」とアミノ酸
「チロシン」が含まれています。さらにセロトニンとメラトニンの原料である必須アミノ酸「トリプトファン」も含まれています。

② ドーパミンの直接の原料であるLドーパを天然成分として含むこと。
チロシン、フェニルアラニンからLドーパを経由してドーパミンが作られますが、ムクナ豆はそのLドーパを天然成分として含むので効率的にドーパミンの原料を供給できるのです。

③ ドーパミン生成をサポートする鉄分が多く含まれていること。

鉄分不足の典型が貧血。
また、鉄分はドーパミンが作られる時にも重要な役割を担う成分です。

④ 他の豆類と一緒で栄養成分がしっかりあること。
豆類は、米や麦と同様に古来人の食生活に欠かせない重要な位置づけにある食糧です。

元気の根本は、バランスの良い食生活から・・・

ムクナ豆を食べるとどうなるかというと・・・
① パーキンソン病やパーキンソン症候群などドーパミンが足りないことによる体の苦しい症状を和らげる
② 年配者は疲れにくい体になる

それはこういう理由です!
ドーパミンは、「神経伝達物質」と呼ばれ大脳から出る指令を体のすみずみに伝えて体を動かし活力のある精神状態を保つ役割があります。

ドーパミンは、食物のたんぱく質から摂りいれるアミノ酸、必須アミノ酸をもとに体内でLドーパに転換され、さらにそれが脳に運ばれそこで生成されるものです。



ところが、生活習慣や体質、病気などの原因で、

① 体内にドーパミンの原料になる十分なアミノ酸や必須アミノ酸が取り込めていない。
② 体内に取り込まれたアミノ酸や必須アミノ酸をドーパミンの原料のLドーパに転換する力が弱い。
③ 転換されたLドーパをさらにドーパミンに転換する脳の細胞が減少しているか活動が弱くなっていて十分なドーパミンが作れない。

状況が発生すると体や精神が必要とするドーパミン量を満たせずに「手足が振るえる」「体がうまく動かない。」「疲れやすい」「やる気がでない。」など様々な症状が出てきます。

これらの典型的な例が、パーキンソン病やパーキンソン症候群、疲労倦怠、ウツあるいはウツ状態などです。

これらの症状を緩和する最も有効な手段が「ドーパミンを増やす。」ことです。

そのためには、

① アミノ酸や必須アミノ酸を摂取して体にドーパミンのおおもとの原料を供給する。
② ドーパミンの直接の原料のLドーパを摂取する。

食事療法を取ることが有効です。

これにうってつけな食べ物がムクナ豆なのです。

ムクナ豆には各種アミノ酸の原料になるたんぱく質が含まれているのと同時にすべての必須アミノ酸とチロシンも単体で含まれます。さらにドーパミンが生成される時に重要な働きをする鉄分も鶏レバーに匹敵するほど多いのでドーパミン生成にはとても役立ちます。それらに加えて、何よりもドーパミンの直接の原料であるLドーパが天然成分として含まれるとても珍しい豆だということです。ドーパミン不足に悩む人にはこれ以上良い食品はないと言い切れるほど素晴らしい食べ物なのです。

さらにドーパミンとバランスを取ってウツやウツ症状の軽減のために役立つセロトニンの原料である必須アミノ酸のトリプトファンも含まれているのです。




このように、ムクナ豆には心身を健康に保つために必須なドーパミン、セロトニン、メラトニンの原料になる成分がバランス良く含まれているのでこれを食べることで効率的な健康維持に役立てることが出来るのです。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
無添加100%ムクナ豆販売のたっぷく本舗



ページのトップへ戻る